FC2ブログ

カワバタ書店

Riberside Book Store

『飛鳥の断崖』

日本の詩歌のかたちから、日本の文化史を説いた本です。『飛鳥の断崖 五行歌の発見』著 草壁 焔太1998年、市井社和歌は五七五七七、俳句は五七五、川柳は五七、五と七のリズムは、私たち日本人の体に染み込んだように馴染みがある。このリズムから外れると、思わず「字余り」と言ってしまう。この五と七のリズムが、実は中国の影響だったのでは、という内容の本です。飛鳥時代に中国の文明・文化を取り入れた結果、日本では五と七...
0

ジョン・ケージの読書アンケート

一応古本屋さんなので、当方も買取をします。買取をすると、さまざまな種類の本を見ることができます。世の中には何万、何十万、何百万という種類の本があるわけで、そのうちのたった一部を手に取っているのでしょう。毎回、思いがけないものをゲットする機会があって本当におもしろいです。たとえば、各出版社が出しているPR誌がありますが、出版社だけあって、各号趣向をこらし、豪華な執筆陣をそろえ、新刊の魅力や重要性を謳い...
0

死都調布

ずっと気になっていたのですが、昨日、買取で入手しました。『死都調布(SHIT TOWN CHOFU)』著 斎藤 潤一郎2018年、リイド社94歳の女性から買取しました。本屋でジャケ買いしたけど、漫画だと思わなかったそうです。素敵。こんなファンキーなおばあさまがいらっしゃるなんて、やはり調布は侮れない。ちなみに、調布は東京のベッドタウンで落ち着いた静かな町で、決してそんなにクレイジーではありません。...
0

検証・リゾート開発

平成もあと残すところ約1か月。メディアでも平成時代を検証するような内容が増えてきました。ひとつ、検証してほしいこと、それはリゾート法です。リゾート法は1987年、国民の余暇活動の充実(お金を使いましょう!内需拡大!)と、地方の収益開発のために制定されました。時はバブル、平成に入るほんの1年前のことです。これは、法制定から約10年建った時代にリゾート開発の現状を検証した本です。『検証・リゾート開発』東日本編...
0

The designer's eye デザイナーの眼

2019年、今年もよろしくお願いいたします。今年一本目は、建築のファサードやディテールに関する本です。ちょっとした面取りや溝切、ディテールで建物の印象は大きく変わりますが、そういったことをちゃんと教えてくれる本はなかなかありません。これは、「あ、こういう授業受けてみたい(やってほしい)」と思わず思ってしまう本です。『the designer's eye』 著:Brent. C. Brolin2002年、W. W. Norton & Company, Inc.,や...
2

Merry Christmas

来年も、たくさんの本を、たくさんの方にお届けできますように。...
0

ふたつの庭

夏に土門拳記念館に行ってきました。実は、初めての訪問です。台風で不穏な天気でしたが、雨と日が差している時とどちらも見ることができました。さて、東北といえば、豆本。山形の古本屋さんで、みちのく豆本を見つけました。『ふたつの庭 土門拳記念館の周辺』著:成田晴夫1985年発行 みちのく豆本106冊実は、土門拳記念館には、『ぼくと酒田』という土門拳の豆本が売っています。そちらの豆本には土門拳が撮影した酒田の風景...
0

和風のひみつ

『iA インテリア/アーキテクチュア』は、2000年代に発行していた雑誌です。これは2006年10月発行。特集『和風のひみつ』は、写真家の渡辺慎一氏が文章も書いているのでしょうか。『過剰美としての和』の項に、群馬県の白石工業の白艶華工場乾燥小屋が載っていました。確かに、この幾何学的な過剰美、整然としたような集積、和風…なのか。渡辺氏の写真がさすが美しい。実物を見に行きたくなりました。夏に行くには暑すぎる場所です...
0

毒草の誘惑

植物の本にはもともと目のない質ですが、それも毒草とあっては。精緻な植物画の誘惑に勝てません。『毒草の誘惑』著:植松 藜植物画:清水晶子クサノオウやニガヨモギなど毒草というより薬効?のあるものも紹介されています。添えられている文章は著者の植物愛(毒草愛)溢れるエッセイ。例えば、マムシグサって、毒々しく艶めかしい。わりと身近な薮に見られるところも安っぽい娼婦のよう。植物毒を使った小説が紹介されているの...
0

ポケットナイフの世界

ナイフに関する本をいくつか入荷しました。上は、アメリカのナイフコレクター、Bernard Levine 氏のポケットナイフに関する本。19世紀のフォールディングナイフからヴィクトリノクスまで載っています。こんな本もあります。『和式ナイフの世界』。和式ナイフ? 包丁のこと?和式ナイフは、刃の部分と鋼とを割り込んでつくるもの。日本刀も、日本の包丁も、刃と鋼でできています。洋式のナイフは一つの素材(鉄やステンレスなど)...
0